2006年09月17日

加速英会話、そのストーリーは?

昨日は加速学習のものめずらしさに浮かれて、どんなストーリーかを書くのを忘れていました。

少しミステリー仕立てなところが、「追跡」と似ています。
(はい、そーです。オーソン・ウエルズの...。出たばかりのときに手を出しました。当時はレコードでした...)

大学生の雄二は、休暇中に宅配便の会社で働いています。
といっても、シマシマのポロを着たお兄さんを想像してはいけません。
海外の重要な顧客に小包を届けにいくのです。

ロンドンのジョンソン氏に小包を届けにきた雄二。
しかし氏は仕事で不在で、姪の大美人ダイアナに出会います。

雄二はダイアナから、
「おじは明日あなたにお目にかかりたいと言っています。
 とても重要なことなのです」
と聞かされます。

しかも、会社にも話が通っていて、ホテルの予約も取ってある、と言うので、不思議に思いながらも用意されたホテルに行き、ロンドンでのちょっとした休暇に心弾ませながら眠りに落ちる、というのが、Act1(第一幕)。

これから先どうなるんだろう、という興味も持たせつつ、
自己紹介やらホテルのチェックインやら、いろんなことが学べる内容になっています。

私が妙に気に入ったのは、ホテルの自分の部屋の前について、

Now, where's my key? (さあ、キーはどこだ?)
Ah, here it is. (ああ、あった)

自分もしょっちゅうやっているので、
ここを聴くと自然に手がポケットを探ってしまいます。
(このへん、ひとり言英会話みたいですよね)

場面を演じてみる、というのもコリン・ローズ先生のお勧めの学び方。でも、無理に覚えて英語劇を、というのではなく、こんな風に自然に動いちゃうようにできているところが、好きかも。

英語バージョンで10分強、日英バージョンでも21分ほどで、ちょっと聴くのに手ごろな長さです。

でも、言っては何ですが雄二、この写真からはとても25歳には見えません。

DSC02205.jpg

(うまくピントが合わずに失礼。でも著作権保護には役立ってるかも)

おっさんです。

あっ、でも、後の巻で、私服の時には、もう少し若くてかっこよさげな写真もあるのでご安心を。

その調子でがんばれ!と、
ここ↓をクリックで応援してくださいね。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by アーニャ at 11:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アーニャさん、こんにちは。

雄二くん、やはり25歳には見えませんよね(爆)

ちょっとバラすと、写真の彼は、35歳です。。。
Posted by すずきあかね at 2006年09月18日 17:19
あかねさん、こんにちは〜。

そっ、それはぶっちゃけすぎでは?

雄二、いくら相手が美人だからって、10歳もさばよんじゃ、だめじゃん。
Posted by アーニャ at 2006年09月18日 18:06
失礼ですが、それ以上に見えるのは私だけでしょうか(笑)
Posted by エージ at 2006年09月19日 00:22
いえ、私も(爆)
Posted by すずき あかね at 2006年09月19日 09:21
ふふふ、そう見えるのはね。

エージさん、あかねさんが、
まだ若いから、なんですよ〜。(大爆)
Posted by アーニャ at 2006年09月19日 09:31
えええ!!
そーなんですか!!

超・意味深なお言葉。。。
Posted by すずき あかね at 2006年09月19日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。